【維持13ヶ月目】2回目オーバーヒート修理[良い修理屋の見分け方は?]

オーバーヒート

こんにちはれぐです。
車が好きな一般サラリーマンです。

前回オーバーヒートのお話をしましたが、今回はその修理に関するお話です。
この修理で自分にとって良い修理屋に出会うことの大切さがわかりました。
やはり壊れる外車を所有している場合、良い修理屋との付き合いっていうのが一番重要に思います。

車の修理屋選び

まず自分にはAudiに強い修理屋という情報が一切ないため、インターネットで家の近くの外車修理が得意な修理屋を検索しました。そして検索に出てきたのは下記2件。

▼修理屋A
 ・高級外車を取り扱っている中古車屋兼修理屋
 ・ホームページが綺麗(各メーカーに対するSEO対策も)
 ・Googlemapの評価コメントが良い悪い半々ぐらい

▼修理屋B
 ・創業40年ぐらいの外車が得意と書いてある修理屋
 ・ホームページがきたない
 ・Googlemapの評価コメントなし

修理屋Bについては、どこかネットに評判でも書いてあれば良いんですが、どんなに探しても何も書いていない。それだと怖すぎて…そのため少しGoogleの評価コメントが気になるが、ホームページも綺麗だしこれは修理屋Aにしようと決断。

修理屋Aに電話

早速修理屋Aに電話したところ、年末で忙しいため少し嫌そうな?感じを醸し出してきましたが、
とりあえず数日後車を見せてくださいとのことなので、後日修理屋Aに持っていくことにしました。

修理屋Aに伺う

後日、予約した日に修理屋Aへ伺った。そしたらスーツを着た多分営業の担当者がやってきて席に案内されました(対応は丁寧)。高級外車の中古車販売店だけあって、来ているお客がお金もってそうな感じの人ばかり…若干場違い感はある。そして、自分の担当者がやってきました。

いきなり「今日天気いっすねー、まじでほにゃらら(なんて言ってたか忘れました)」という一言、
若い25歳ぐらい?の整備士で、対応がフランクすぎてまず嫌悪感を感じましたが、とりあえず車の状況を説明。

経緯の説明

半年前にオーバーヒートした時には、ジョイントが折れて冷却水が漏れてたのが原因で、サーモスタットを調べてもらったが大丈夫だったこと。なのでウォーターポンプが怪しいけど、中古車買う時にタイミングベルトは交換していることを説明。

整備士も悩んでいましたが、大体が結局そのどちらかなんでウォーターポンプ見てみようと思いますとのこと。ただし、そこを見るためにはエンジンをあけないとなんで、修理するという判断を先にしてもらわないと修理開始できないですと言われました。

修理費見積もり

そこで費用は概算でいくらになりますか?と聞いたところ、20万から30万ぐらい見ておいてください、多分30万少し超えますって言われました。。

 

ウォーターポンプ交換について

まじで?・・・ウォーターポンプの修理ってそんな費用かかるの?って悩んでいたら、整備士が中古車屋で購入した時の整備手帳見せてくださいと言うので見せたら、「整備手帳にタイミングベルト一式って書いてあるんで、これウォーターポンプ交換してないっすね!」って言ってきました。どうやら整備手帳にタイミングベルト一式って書いてある場合はウォータポンプを交換していないとのこと。ウォーターポンプを交換している場合は、タイミングベルト一式、ウォータポンプ交換という風に書いてあるとのことでした。

そうなのか・・・。
普通中古車屋でタイミングベルト交換してくださいって言ったら、ウォーターポンプも交換するんじゃないの?って疑問に思いましたが、確かに依頼する時にわざわざウォーターポンプ交換してくださいとは言っていなかったので、整備士がそう言うのであればそうなんだろうと思い車を預けることにしました。
中古車屋でタイミングベルト交換お願いした時に、ウォータポンプも交換してくださいって言っておけばよかった。。

その後も中古の外車っていうのはみんなお金を湯水の如く払ってなおしていくんですよー、お金ないと乗れないですよとか色々説得させられましたし、ついでにTTの8Jの中古車うちにあるんでどうですか?とかも進められました。

費用が妥当なのか…

うーん・・・30万は正直しんどすぎるけど、仕方なく修理する判断となり、お店に車を預けて友人と遊ぶために電車で地方へ向かいました。その電車の中でどうしても30万が信じられなくてネットで色々ウォータポンプの修理費を検索すると、ディーラーでもそんな費用にならないことが判明。ディーラーでも10万いかないぐらい?

ぼったくり!?

これはぼったくり!?な予感がしたので、お店に電話して、やっぱり買った中古車屋で文句言って無料でなおすことにしたんでというウソをついて、キャンセルさせてくださいと伝えました。そしたら担当者が「まじですかー困りますよ!」って言ってきたので、もう一度丁寧にウソを説明したら、「・・・じゃあわかりました、車取りに来て下さい!!」と言われ、自分が今地方なので夜遅くになってしまうか、明日の朝になってしまうことを説明。

そうすると、「困りますよ、修理しない車は置いておけないので、車の保管料3000円~5000円頂くことになりますよ!」って言われたんで、じゃあ仕方ないです払いますって言ったのに整備士が、「そうじゃなくて~困るんですよね!」みたいなことを言ってきました(笑) その後も明日の朝ダメですか?って言ったら「自分がそのために朝早く出社するなんてしたくないっすよー」みたいな(笑)

もう埒が明かないので友人にすまんが今日の予定キャンセルしてお店に戻るわと言ったら、友人がお店まで車で送ってくれるってことなんで、そのお店に友人の車で向かうことに。

修理屋のひどい対応

そして修理屋Aに到着する少し手前の普通の道路で、なんか見たことある車が路駐してあるなーって思ったら自分の車でした!? なぜか知らないけれども普通の修理屋Aの近所の道路に自分の車が路駐してあったんです、そして誰も乗ってなかった。片側1車線の道路の横の歩道に乗り上げて停めている感じです(笑)何じゃそりゃと思って、とりあえず修理屋Aに向かい到着したら、少ししてその整備士が自分の車に乗ってやってきました。。何か説明してもらえるのかなと思ったら、「おまたせしましたー」の一言だけ。。なぜ路駐してたの?って思いましたが、もう関わりたくないので文句も言わずに車に乗って家に帰ろうとして車に乗り込んだら、ものすごいタバコの匂いが・・・自分はタバコ吸わないので最悪すぎる状況でしたが、とりあえずここも文句言わずに帰ってきました。

正直怒りがかなりありますが、とりあえずはもうこのお店には関わらないと思い帰宅となりました。
基本的にお金持ちの客相手にしている会社っぽいので、金持ってなさそーなのでナメられた?のかなと。
自分には合わない修理屋Aでした。

【重要】整備手帳における「タイミングベルト一式」の記載

後日、TTを購入した中古車屋にタイミングベルト一式の記載のことを電話で確認したんですが、その担当者は「いや、普通タイミングベルト一式って書いてあれば一式なんでウォーターポンプ交換していますよ、タイミングベルトだけの場合は、逆にタイミングベルトのみって書いてあるはずです」という回答が。。どういうこっちゃ。危うく30万円ぼったくられるところでした。

まとめ

まとめとしては、ホームページが綺麗だからって良い修理屋とは限らないってことです。

そして意外とGoogleのショップへのコメント信用できるかもってことです、良い悪いコメントが半々ぐらいと記載しましたが、悪いコメントを改めて読み返すと自分と同じような感じの人がいましたので。良い評価は、SEOとか対策している修理屋Aだったので、自分で良い評価を書いている可能性もありますし。基本的には悪い評価を見たほうが良いかなと思います。それをそのまま鵜呑みにするかは別として、見ておいたほうがいい情報かなと。

SEO対策っていうのは、Audi専門とかBMW専門とかベンツ専門とか幾つも同じ会社なのにホームページをメーカ専門という形で展開していて、あたかもそのメーカー専門で修理を請け負ってます的な見せ方をしていたんですね。まーうまいやり方だわと思いました(決して悪いやり方では無いので)。

あと、自分もこの内容をGoogleのショップ評価に記載してしまおうかと思いましたが…とりあえず我慢我慢。ってことでオーバーヒートは結局修理していません、なので次なるショップを検討です。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です