【維持6ヶ月目】オーバーヒートその結末[そんな原因?]

水温計

こんにちはれぐです。
車が好きな一般サラリーマンです。

前回のオーバーヒートのその後のお知らせです。
先日実家近くの修理屋に預けたTTですが、修理が完了したとの報告をもらいました。

修理結果

冷却水のジョイント部分は自分が150円で行った応急処置のままでOKという判断でした(笑)
本来であれば数万のところを150円で対応した自分を自分で褒めてあげたいです。

そして110℃で安定していた水温なんですが、結論としてはメーターの故障ということでした。
多分水温がMAXを超えた時に針が壊れてしまったんでしょうね。。
なので、実際の温度は80℃~90℃なのに対して、メーターが110℃を指しているということらしいです。
サーモスタットも調べたらしいのですが、通常通りに動作してしまったとのことで、お店の人も原因を探し当てるの大変だったとのことです。

水温計

水温計はレッドゾーン表示(120度ぐらい)

実際の水温

実際の水温は96度

メーターの修理に関してはすごくお金がかかるとのことで(10万超えらしい)、走行に影響のある場所じゃないので、これはそのままにすることにしました。メーターは新品に交換するしかないとのことです、走行距離の改ざんを防ぐために修理してはいけない?と言っていたような気がします。

ちなみに実際の温度は下記の操作で調べることが可能らしいです。
常にみたければ社外の水温計とか付けても良いですし。

【水温の測り方】

1.エアコンをONにする
2.内気循環スイッチと↑スイッチを同時に押す

水温計測方法1

内循環スイッチと↑スイッチを同時に押す

3.温度調整のつまみでコードを選択する(水温は49C)

水温計測方法2

最初は1Cと表示される

水温計測方法2

+−のつまみで49Cに合わせる

4.コードを選択したら、内気循環スイッチを押す

水温計測方法3

内循環スイッチを押す

5.デジタルメーターに水温が表示される

水温計測方法4

水温が表示されました

修理費

・サーモスタット調査とエンジンルーム洗浄
・ブレーキオイル補充
合計:23,100円

ということで、いったんオーバーヒート問題は解決となりました。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です