【維持1ヶ月目】また不具合の続きの不具合[ウインカーランプが…]

ハザードボタン

こんにちはれぐです。
車が好きな一般サラリーマンです。

前回のblogに記載したエキゾースト警告ランプが点灯し、診断機で調べるため中古車屋の千葉支店に訪問し、診断結果を聞いて家に帰る途中の出来事です。帰り道で今度はウインカーが全然点滅しない不具合が発生。

ウインカーを付けても点滅しないでライトが点きっぱなしになる…ライトが付かないより良いけど、本当に不具合だらけな車になってきています。

乗ると必ず何か不具合が起きるような状態ですが、とりあえずはそのまま運転できるので家まではそのままで運転して帰りました。そして、またネットで調べるとやはり同じような症状の人たちがいました。

ウインカーの点滅不具合の原因

・ウインカーリレーの故障
AudiのTT(8N系)はウインカーリレーとハザードランプの機能が一緒になっているので、そのハザードの部品を交換すると治るらしいです。部品代:1万5,000円。
更には取り付けるにはカバーを全部取り外さないと付けれないため、交換を依頼したらかなり大掛かりなことになり、作業費もかなり取られそうな気がします。無理やりカバー全体を外さずに取り付けている人もいましたが、なかなか大変そうです。

いつもの中古車屋に電話

もう心が折れそうですが、再度いつもの九州の中古車屋に電話してなんとかならんもんかいと交渉してみました。
向こう側の担当者もこんなに壊れるとは思っていなかったのか、謝りまくっていましたが、交渉の結果部品はお送りするのでご自分で交換していただければとのこと。やはり近場の修理工場を持っている中古車屋で購入するのが一番だったかも…と思いながら部品だけ送ってもらうことにしました。

何故か急になおる

そして部品の到着を数日待っていたのですが、その待っている間に何故かウインカーが点滅するようになりました。なんで点滅するようになったのかは不明ですが、現状部品交換はせずに再度点きっぱなしになるようだったら届いた部品に交換することにしました。
これからも不具合が続く日々となりそうです。

後日談

どうやらこのウインカーリレー点きっぱなしの故障ですが、壊れたらハザードを点けてしばらく放置しておくと、ハザード点滅の影響により、点きっぱなしの症状が治ったりすることがあるそうです。たぶん今回は自分もたまたまハザードを点けたりしていたので治ったのかもしれません。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です